教室で生徒さんたちとランチしました。
開校当時(15年前)の新聞記事を持って訪れる人がいるという話になると、「私も勇気を出して連絡するまで何年もかかった」「私も10年もかかった」・・・とみんな口々に。

へえ、みんなそうなんですね。
なぜなんでしょう?

「若い生徒さんばかり習っているんだろう」とか、「英語なんにも覚えていないから無理かも」など、不安になるようです。

決心するまで何年も悩み続けて本当に大変でしたね。
入ってみたら「なぁんだ、英語忘れていたのはみんな同じだった」とか「こんなに楽しいところなら早く来ればよかった」と思うのですね。

そうです。みらい英語教室は中年(中高年?)の学び舎です。歌あり踊りありの学び舎です。

::::::今日のじゃれマガ クイズ:::::::

今日の一節、この文はどんな意味でしょうか?
It is also the place where Islam began.

<前回の問題>
今日の一節、下線部は何を言っているのでしょうか?
They said that birdwatchers come all the way from Osaka just to take pictures of striated herons at the Fujimae Tidal Flat.

<前回の答>
「わざわざ、はるばる来るという感じだと思いました。
ニュアンスというか、前後の文章からの推測ばかりで回答してますが。。。」
というTsugumiさん、大正解です。
all the way from Osakaとか、all the way to Sapporoなど、日本語の「はるばる」という感じで使います。

今日のじゃれマガはこちら(クリック)