数日前、見慣れないメールが届きました。
メールの主はDouglas Jarrellとあって、じゃれマガのジャレル先生と分かりました。

6月か7月ごろ”Jaremaga: 100 Stories of 2017″が出版されるそうで、その中に私の投稿作を入れたいということです。毎年1年間のじゃれマガの中から100点を選び、本にするのが恒例です。

出来上がったら、お礼に1冊贈るので住所を知らせてほしいとのことでした。

Seiko先生は毎年の常連さんですが、私は初めてです。光栄です。

どんな話が載るのかって?
それは出来上がってのお楽しみとしましょう。

原稿をUPした直後、Seiko先生からも「載ります」というメールが入りました。

::::::今日のじゃれマガ クイズ:::::::

They run along the side of walls for a few steps,
本文中のこの部分はどんなことを言っているでしょうか?

<前回の問題>
Thousands of people have left their houses, and they don’t know when or if they can go back.
何千人もの人が家を離れました。彼らがわからないことは何でしょうか?

<前回の答>
いつ戻ってこれるのか、それより戻ってこれるかどうかでさえわからないということでしょうか。
というTsugumiさん、その通りですね。ありがとうございました。

今日のじゃれマガはこちら(クリック)