みらいの小学生クラスではBBカードが活躍します。

BBカードを創ったのは難波悦子さんです。1980年のことだそうです。
このたび出された本の中にBBカード誕生のエピソードが載っていました。
英単語の暗記も文法も苦手な子供たちが、ある時日本のことわざに夢中になりました。あまりに熱中して授業は完全にストップしてしまいました。

「それじゃあ日本のことわざと英語のことわざを調べてみよう」と先生が子供たちに提案し、翌週カルタの形に仕上げました。

日英ことわざカルタに子供たちはすぐに夢中になり、次々英文を覚えてしまったそうです。あんなに暗記の苦手だった子たちが。

「そうか、バラバラな単語より文の方が覚えやすいのだ」、「覚なさいと言われない方が覚えるのだ」と気づいた難波先生はBBカード64枚を創りあげました。

文字→単語→文というボトムアップより、文→単語→文字で覚えるトップダウンが勝るという哲学の誕生でもありました。

みらいでは大人クラスでもこうした考え方が基調になっています。

::::::今日のじゃれマガ クイズ:::::::

イチローの家はシアトルに何年間あったでしょうか?

<前回の問題>
2月のカレンダーにはいくつの動物が描かれているのでしょうか?

<前回の答>
A~Zまで26文字それぞれに描いたとあるので26の動物でしょうね。

今日のじゃれマガはこちら(クリック)