Manami先生からいい話を聞きました。
勤務先の忙しい期間、数か月休学していた生徒さんが復帰されました。そして、うれしい復帰第一声をいただきました。

「いまも仕事は忙しいけれど、授業に出るとリフレッシュできて、疲れも吹き飛ぶ」のだそうです。

そのような生徒さんが他にも何人もいることも聞きました。

大事なことを教えられました。
最近まったく反対の人が何人かいたからです。

ある人は忙しくて欠席が続き相談にのっていましたが、とうとう連絡もとれなくなりました。またある人はオンラインクラスも続けられなくなりました。

オンラインクラスは好きな時間に好きな場所で、スマホで10分、15分集中すればいいだけですが、その余裕もなくなったようです。

理屈では10分、15分の時間が取れないものかと思いますが、本当に忙しいとそんな心の余裕さえなくなるのかもしれないと理解できました。

でも今回復帰の生徒さんのように、仕事は忙しくても英語に漬かるとリフレッシュできて疲れが吹き飛ぶ、という考えもあるのですね。

カラオケをリフレッシュと思う人と逆にストレスと思う人がいるように、何事も考え方次第ということでしょうか。

::::::今日のじゃれマガ クイズ:::::::

今日の最後の、この文はどんなことを言っていますか?
I’m sure this isn’t the first time someone has made this mistake.

<前回の問題>
今日の一節、この部分は何を言っているでしょうか?
He got 10 students to draw on the board at the same time・・・

<前回の答>
「彼は、10人の学生に黒板に同時に絵を描いたもらった。」です「get~to~を使うとちょっと相手を尊重している感じがでる。」とどこかで聞いたような…

というcosmosさん、正解ありがとうございました。まったくその通りですね。

今日のじゃれマガはこちら(クリック)