北海道新聞の金曜夕刊コラムにSeiko先生の文が載りました。
先生、おめでとうございます。

先生はじゃれマガReader’s Cornerの常連さんですが、2011年の初掲載以来、41回掲載されたそうです。さらに驚くのは、ボツ作品がその数倍だということです。すごいですねえ。

こういうことを「努力」と見る人が多いと思います。私たちは「努力」という言葉が好きです。
でも私は少し違った見方をしています。
先生は「楽しんでいる」のだと見ます。面白くてやめられないのだと。

多くの人は、面白くないけれど「やらなくては」と「努力」するのではないでしょうか。
面白いからやめられない・・・英語をそんな遊びに変えられたら、幸せですね。

そういえば今をときめく14歳の藤井4段、彼も努力してああなったのではありませんね。面白くてやめられないでいるうちになっちゃったのでしょうね。