「勉強すればいつか話せる日が来る」と思っていませんか。
英語はたっぷりのinput(お手本に学ぶ)と、たっぷりのoutput(話す練習)の両方がなくては話せるようになりません。たっぷり練習できるよう、英会話サロンEnglish Village(EVと略)をつくりました。

オンラインの会話練習サロンですから、写真のように画面の中に集まって、1対1に分かれて15分間練習し、また別の1対1に分かれて…を繰り返します。

English Villageって、こんなもの

★生徒同士が1対1で、英語だけで話す練習をします
(困ったら助っ人がいます)
★みらいの生徒は月に4回参加することができます
(元生徒さんも安価に参加できます)
★誰でも参加できるよう、週に5コマ、いろいろな時間帯に設けています
★予約アプリから簡単に参加予約できます

EV時間割(19年1月現在)

水曜13時、21時
金曜11時、
各50分間

参加のしかた

★申込方法:予約帳アプリ、あるいはメールで申し込み
★申込期限:前日18時までに
★参加費:受講生は無料、元受講生も当面です
★参加方法:
①申込者には招待メールが届きます。
(初回のみ30分か1時間前にメールに従って準備しましょう)
②開催時刻5分前に招待メールに従って待機します。
★流会:参加申込が2名に満たなかった場合は流会の旨申込者に連絡します。

English Villageの秘密、歴史、等々詳しくは

EVってどんなもの?

English Villageは学習者同士が1対1で会話練習するところです。

15分ごとに相手を替え、絶えず新鮮な気持ちで練習できます。
テーマについて話したり、自由に話したり、いろいろな進行があります。

なぜ?いつできたの?

代表の須釜が40歳で英語の勉強を再開したとき勉強仲間がほしかった、会話練習の相手がほしかった、でも高価なスクールしかなかった。そのときの思いを後年実現したのがEVです。

みらい英語学校は「安価に大量に英会話練習ができる」場として2006年から英会話サロンEnglish Villageを一般に開放してきました。他に例のないこのEVには今も全国各地から見学が絶えませんでした。

2018年にオンライン化して、どこからでも参加できるようになりました。

勉強だけでは話せない

私たちは勉強していればいずれ話せると思いがちですが、勉強と並行して話す練習をしなければいつまでも話せません。自由に話せるようになるためには100時間、200時間という練習が必要です。

なぜ日本人同士?なぜ1対1?

どうすれば高い費用をかけずに大量の練習ができるかと考えた答えが学習者同士の練習、そして1対1でした。とにかくたくさん話すためには日本人学習者同士で十分です。
グループで話すとどうしても一部の人だけが話して大多数は聞き手に回るという、日本人特有の癖が出ます。1対1なら気を抜く暇もありません。

日本人同士の練習で大丈夫ですか?

「日本人同士で話したら間違ってもわからないじゃないですか」とよく聞かれます。しかし英語の間違いは日本人が思うほど大問題ではありません。
間違わないことより、「英語で伝えよう」という意欲を鍛える方が何倍も大事です。英語が口から出やすくなってからキレイに磨いていくのが得策です。

みらい英語教室のトップページへ戻る

英語クラブを1週間無料で試せます!

1週間、英語クラブを無料でお試しいただけます。お気軽にお申し込みください。お問合せ、お試しお申し込みはこちらをクリック ↓