ウクレレサークルが始まってメンバーは夢中です。
私もギターを始めた中学生のころを思い出しました。
あの頃は誰もがベンチャーズ、ビートルズ・・・スターにあこがれてギターを練習していました。

学校から帰ると寝るまでギターを離さず、食事中でも離したくなくて親に怒られ、授業中でも筆入れを手にエア練習・・・あれが夢中になるということですね。何事もあれほど夢中になればそれなりの結果が出ます。

もしギターが学校の教科だったら絶対あんなに夢中にはならないでしょう。
押し付けられたものは楽しくない。自分で始めたからこそ夢中になる。そういうものかと思います。

英語も夢中になればどんどん上達するはずです。やるなら夢中になれそうな方法を採ったほうが得ですね。お手本になる面白くて、可笑しくて、カッコいい、そんな英語をたっぷり浴びたら夢中になれると思いませんか。

勉強も基礎段階では必要です。でも、できるだけ夢中になれるようなものを教材に取り入れて勉強100%でなくしたいものです。力がつくにしたがって本場の100%英語のものを教材にしたいものです。

みらいでは基礎クラスからHop、Stepクラスまでそのようにしています。Online英語倶楽部でも同じです。

::::::今日のじゃれマガ クイズ:::::::

筆者は犬を飼っていますか?

<前回の問題>
Another piece of good soccer news is for the fans of Nagoya Grampus Eight.
この文のpieceとは何でしょうか?

<前回の答>
newsは、one news, two newsesなどとは数えません。一本のニュースと言いたい時はこのようにpiece ofといいます。同様の名詞はinformationやadviceなどあります。staffも数えないので人数を言う時はtwo staff membersのように言います。これ間違えやすいですね。

※今日のじゃれマガはこちら(クリック)